IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

C-1グランプリ

山口広輝さんと早川和良さんが選んだ「クラシック音楽が聴きたくなるコピー」

プロ、アマ問わず競い合うコピーバトル、C-1グランプリ。今回のお題は、山口広輝さんとCMディレクター 早川和良さんというお二人。テーマは「クラシック音楽が聴きたくなるコピー」です。

出題テーマ:クラシック音楽が聴きたくなるコピー

たくさんのご応募ありがとうございました。じっくり審査させていただきました。全体としては、お題がシンプルだった分、逆に難しかったのかな?という印象でした。クラシック音楽といえば「知的」「優雅」「歴史がある」「眠くなる」といった共通イメージがありますが、これらの「みんなが既に分かっていること周辺」でコピーを書いている人がほとんどでした。大切なのは「そんなことは分かっていても聴いていない人」に何をどう言うべきか。そこまで考えられているコピーかどうかをひとつの大きな審査基準としました。同じような切り口の場合は、言い方が鮮やかなほうを選んでいます。今回選ばれなかった方は、もう一度自分のコピーを、自分がそれを言われたときに「ウソだと思わないか?」「ホントに行動しようと思うか?」といった視点で見つめ直してみると良いと思います。偉そうに言って恐縮ですが、この最後のフィルタリング作業がとても大事なんです。ホントに。(山口広輝)

img02


グランプリ

君にはまだ早い。

松實良知(電通)
グランプリ本当にうれしいです!クラシック音楽の良さが …

あと78%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

C-1グランプリ の記事一覧

山口広輝さんと早川和良さんが選んだ「クラシック音楽が聴きたくなるコピー」(この記事です)
小山佳奈さん、細川美和子さんが、ハリウッドに売り込みたくなる「アメリカンドラマのタイトル」
久山弘史さんと松元篤史さんによる「新しいことわざ」
玉山貴康さんと中嶋貴久さんが選ぶ「若者の”お酒離れ”をくいとめるコピー」
岡野草平さんと水野祐さんが選んだ「世の中を炎上させるコピー。」
北川譲と伊藤敬生が選んだ「宇宙人に地球侵略を一時思いとどまらせるコピー。」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る