IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

           

グッドデザイン賞に見る、暮らしを変えるデザイン

次世代を牽引する産業用ロボット

デンソーウェーブ「VS-050S2」

世界トップレベルの自動車部品サプライヤーとして知られるデンソーと、グループ会社のデンソーウェーブが共同開発した医療・医薬用ロボットVS-050S2が、最高位のグッドデザイン大賞に選ばれた。清潔性を維持するための機能とデザインが不可分な関係性を保ち、共に高いレベルに到達している点が評価された。

01 あらゆる溝や穴を埋め、関節部断面を正円とすることで、段差や隙間を消し去った。クリーンルームに求められる高い清潔性と洗浄性を、滑らかで美しい造形によって成立させている。

機能そのものがデザインに

現在、あらゆる産業分野においてファクトリーオートメーション化が進み、生産性や効率性を高めるためにロボットが活躍している。製薬や食品などの高度な衛生を必要とする工場でもロボット導入による自動化の需要は高まっていた。デンソーはそこに着目し、滅菌洗浄に耐性があり、洗浄が行いやすいロボットの開発を2013年より開始した。

「塵や埃、浮遊微生物を除去した滅菌環境(バイオクリーンルーム)のもとで稼働させるため、製造作業面でのパフォーマンスはもちろん ...

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

グッドデザイン賞に見る、暮らしを変えるデザイン の記事一覧

PICK UP GOOD DESIGN
作る人と食べる人をつなぐ情報誌
次世代を牽引する産業用ロボット(この記事です)
「心地」で選ぶデザイン
32年の時を経ても色褪せない存在感

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る