IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

新商品開発のためのチームとアイデア

震災経験を活かして2つの安心を備えた防災キット

THE SECOND AID

震災後、購入した防災キット。しかし、すぐに使いたいときに手が届く場所にない――。そんな課題を解決すべく、企画されたのが「THE SECOND AID」だ。

01 THE SECOND AIDの中に入っているものを広げた様子。
小田原さんは自身の経験から、「例えば車の中に閉じ込められて動けなくなったとしても、最低限の安心が得られる」ようなものが必要と考えた。キット制作にあたり、このパッケージに収まり、なおかつ必要なものを厳選したという。

経験から求められたコンパクトなパッケージ

「THE SECOND AID(セカンドエイド)」は、仙台にある物流機器などを扱う商社高進商事とwikiサイトのプロジェクト「OLIVE(オリーブ)」を運営していたデザインファームNOSIGNER(ノザイナー)が共同開発した防災キット。今年8月に販売を開始した。2011年の震災後、防災セットに注目が集まり、これまでにもいくつかのメーカーなどから発売されているが、セカンドエイドは他とは異なる特徴を持つ。その一つが、コンパクトなサイズで、一般的な本棚に収まること。そして、「OLIVE」に集まった情報を再編した書籍『OLIVE いのちを守るハンドブック』から抜粋し、災害時に必要な情報をまとめたA4サイズの冊子が収められていること。

「震災後、仙台は防災に関する意識や備蓄率が高くなりました。ところが、防災セットをどこに置いてあるの?と聞くと、押入れの中だったり、倉庫だったり。ときにはどこにしまったかわからないという人もいる ...

あと73%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

新商品開発のためのチームとアイデア の記事一覧

商品開発は「ロジック」「センス」「ラブ」で決まる
どんなに小さなことでも、新しい開発につながる種を見つけていく
テーマは「企業間連携」、広告で伝える中堅・中小企業の力
有田の街から発信する新しいものづくりのプロジェクトが始動
震災経験を活かして2つの安心を備えた防災キット(この記事です)
世界各国のデザインスタジオがつくりあげた最高技術のノートブック
美術館のコンセプトを反映したこれまでにないミュージアムグッズ
一緒につくることで、新たな技術開発のきっかけをつくる
メーカー、流通、地域が一体となってブランドを育てる新しい仕組み
ターゲットは”山口さん”、ひとりの女性を徹底的にリサーチして生まれた商品
真面目に楽しく考えながら、合同チームで実現。新コンセプトのお菓子キット

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る