IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

BRAIN'S BRAIN

UKのイラストレーターによる今月のカバーストーリー

Holly Wales

ブレーンのカバーを飾るのは、世界の先端を行くクリエイターたちの作品。「BRAIN’S BRAIN」では、「HAPPY CREATION」をテーマに彼らが制作したビジュアルとオフィスや仕事を紹介していきます。12 月号の表紙を制作してくれたのは、イギリスで活動するイラストレーターHolly Walesさんです。

01 今月号のカバー

――表紙のアイデアについて教えてください。

今回の表紙は、“Happy Creation”というコンセプトを元に作りました。これを体現するのに、私はこれまで作った作品を探しまわりました。そして間違えて描いてしまったものを集めて、レイヤーを使って新たな作品に作りあげました。この作品はペンやペイントなどを使って手描きで描いたものとトーン紙のコラージュでできあがっています。

――そのアイデアはどのように生まれましたか。

私の作品は、つくることを楽しむこととつくるという行為自体にあります。最終的なビジュアルにたどり付くまでの一瞬一瞬を賞賛することのほうが、“最終”の作品よりも大事です。今回、表紙のためにつくった作品にはそんな途中経過や「つくる」という行為を大切にしたいという思いが詰まっています。

――日本のデザインや広告についてどう思いますか。

日本には行ったことがありません。すごく行ってみたいと思っています。私は、日本について詳しい訳ではありませんが、日本のデザイナーや代理店の方たちとイギリスに居ながら、もっとコラボレーションを行いたいと考えています。今まで仕事を一緒に行った日本の方達は、皆本当に心が広くて新しい作品を一緒に作る事を楽しみにしてくれます。そんな、日本の方達の広告や絵に対する姿勢はとても新鮮です。

Holly Wales

Q1. What is the idea for this cover?
and how did you make it?

My illustration was made in response to the brief "Happy Creation", to do this I focussed on the process a piece of work goes through while it is being made. It is about celebrating all the mistakes, layers and chance visual encounters. It is made from a mixture of hand drawn marks made with pens, paint, pencils and collaged torn papers.

Q2. What made you come up with the idea?

My working process is all about process and enjoying the act of making; by celebrating a moment of the visual journey rather than heading for a particular 'final' artwork. This piece of work for the Brain cover represents a fragment of that.

Q3. What do you think of Japanese advertisement and design?

I have never visited Japan, but I would love to! So I can't say I am an expert - but I would love to collaborate with more designers & studios here. Everyone I have worked with in Japan before has seemed very open-minded and excited about new illustration, which is a really refreshing attitude.

02 オフィス

03 イベント「GIRL EFFECT LIVE 2014」のための作品

04 展覧会作品「How Beautiful It Is」

05 Frome Markets ポスター

06 「Do The Green Thing.」ポスター

Holly Wales

イギリスを中心に活動するイラストレーター。マーカーペンの限界を探るべく、さまざまなモチーフをマーカーペンのみを使って描いている。タイポグラフィーや色などを何重にもレイヤーを重ね、さまざまな形や建物などをダイナミックなコンポジションで描く。ホーリーは偶然的な要素や作品を作る過程の中にある流動的な要素を大事にしている。また、彼女は常に新しい素材を使って自身の手作りのプリントやオンライン・アニメーションなどを制作している。これまでの主な仕事に、Bloomberg、Conde Nast、Deutsche Bank、「Esquire」、Fallon、Financial Times、Frieze、「GQ」、Nestle、The Guardian、GAS (Japan)、The Wall Street Journal、「Mens Health」、Travel & Leisure、「National Geographic」、Byron Hamburgers、「The Huffington Post」、The V&A、The Telegraph、ユニクロ、Urban Outfitters、and Wiredなど。The New York Times Magazineのレギュラーコラムにイラストを提供している。制作協力:en one tokyo Inc.

BRAIN'S BRAIN の記事一覧

UKのイラストレーターによる今月のカバーストーリー(この記事です)
今月のカバーストーリー
今月のカバーストーリー
今月のカバーストーリー
ケイト・モロス、ポジティブで、希望に溢れたドローイング
今月のカバーストーリー

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る