IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

名作コピーの時間

強くてやさしい言葉たちと、ちゃんと働くコピー

後藤国弘(ドライブディレクション)

    生きるが勝ちだよ、
    だいじょうぶ。

    セゾングループ「セゾンカード」/1988年
    ○C/仲畑貴志

    近道なんか、
    なかったぜ。

    サントリー「サントリーオールド」/1988年
    ○C/小野田隆雄

    毎日が、あたらしい。
    ファッションの伊勢丹

    伊勢丹「企業スローガン」/1994年
    ○C/土屋耕一

新聞に載っていた小さな求人広告からコピーライターの世界に転がり込んだ僕は、悩みの中にいました。大学の夜間部を卒業して別の仕事をしていた僕には、幸運にも知り合うことができたカッコいい大人たちとのつながり以外には自分の中に根っこもなく、焦っていたのです。忙しい会社ではなかったので、夜は嫌いじゃない飲食業でアルバイトをしてお金を貯めて、広告批評の広告学校や宣伝会議のコピーライター養成講座に通いました。わかりやすい夢見る若者として、まあまあ頑張っていたのではないかと思います。

今回、自分の思い出深いコピーについてあらためて考えてみると、仲畑さんと小野田さんのコピーが浮かびました。それは、カードとウイスキーそれぞれから生まれた紛れもない商品コピーでありながら ...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

名作コピーの時間の記事一覧

名作コピーの時間の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る