IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

TOKYO WORKER

クリエイターのオフィス訪問

ADKアーツ

01 総合受付のある11階エントランス。手前には審査を通過した社員持ち込みの力作を展示できるスペースを設けた。また、外に出てベランダで打ち合わせも可能だ。

ADK本社が築地から虎ノ門ヒルズに移転したのに先駆け、5月初旬、ADKアーツは虎ノ門にオフィス移転した。ADK本社とは徒歩2分の距離、11階建てオフィスビルの内6フロア(2階、7〜11階)で社員360人以上が働く。ADKグループで1棟借上げしているこのビルに移転したことで、フロア面積は1.5倍に広がった。

オフィスのコンセプトは、アメニティ&ヒューマニティ。内装のデザインコンペを行う際、同社代表取締役社長 宮田隆二さんは、3つのキーワード「OPEN」「SIMPLE」「LIGHT」を加えて提示した。一部を除いてフリーアドレス化することで、部門を越えて打ち合せを気軽に行える仕組みを確立。また...

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

TOKYO WORKER の記事一覧

クリエイターのオフィス訪問(この記事です)
長嶋りかこさんの新しいオフィス
カフェ、ギャラリーのある松下計さんの新オフィス
「ファミレスのようなカフェのような」オカキン赤坂のオフィス
cave(洞窟)をテーマにしたBIRDMANの新オフィス
エントランスに並ぶ「アイデアの箱」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る