IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

カンヌライオンズ2014に見る世界の広告

カンヌライオンズ2014―主要受賞作14選

多様に進化する広告の実情に合わせて最適な部門を設け、進化を遂げているカンヌライオンズ。グランプリ、ゴールドなど今年の受賞作の中から注目の14作品を紹介する。

VOLVO/VOLVO TRACKS「LIVE TEST SERIES」



サイバー部門グランプリ、ダイレクト部門ゴールド、プロモ&アクティベーション部門ゴールド、PR 部門ゴールド
◯企画制作/ FORSMAN & BODENFORS, Gothenburg

トラックの性能を実証する命がけの実験シリーズが快挙

今年もっとも話題をさらったのは、ボルボ・トラックのバイラルムービー「LIVE TEST SERIES」だろう。ボルボは自社のトラックの性能の良さ(荷物の積載量や路面環境に影響されず、安定した走行性能を保てるなど)を知ってもらうために、2012年8月から命がけのさまざまな実証実験を行ってきた。たとえばスペインの牛追い祭りを舞台に、トラックを赤く塗り、牛から逃げ切られるかという実証実験を行ったり、トラックに搭載される新型フックの強度と品質を説明するために、社長自ら吊られたトラックの上に乗ったり、身体を張った動画をシリーズ化している。全6篇のうち国際的アワードで高い評価を得ているのが、アクション俳優ジャン=クロード・ヴァン・ダムが走行中のトラックの間で、自慢の180°開脚を披露する「THE EPIC SPLIT」。バックミュージックはエンヤ。夕日が沈むなか、このシュールな動画が口コミで広がり、YouTube 再生回数は7400万回を突破(7月25日時点)。シリーズ通算では合計1億回を超え、この動画に触れた人の約3分の1が販売店に問い合わせ、公式サイトにアクセスするなどして、より詳しい情報を得ようとしたという。ワンショー2014では3部門から最高賞のBest of Showに選ばれ、ニューヨークフェスティバルでも最高賞を受賞。D&AD賞でも最高賞のブラック・ペンシルのほか2本のイエロー・ペンシルも獲得した。


NIVEA「Protection AD」



モバイル部門グランプリ
○企画制作/ FCB Brasil Sao Paulo

子どもの迷子を心配するすべての親へ

公園や浜辺で子どもを自由に遊ばせていると ...

あと85%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

カンヌライオンズ2014に見る世界の広告 の記事一覧

デジタルはもはや広告の標準装備となってる
カンヌ・ヤングライオンズ―日本は2部門でゴールド獲得
優れたクリエイティブを生み出す秘訣はパッションにある
カンヌライオンズで得たものは?
カンヌライオンズ2014―主要受賞作14選(この記事です)
社会課題の解決は表現からアクションへ
キーワードは「ヒューマニゼーション」―チタニウム&インテグレーテッド部門の審査を終えて

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る