IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

楓セビルのアメリカンクリエイティビティ NOW!

米国とサッカーワールドカップを彩るCM

楓セビル

01 ナイキの「ウィナーズ・ステイズ」:町の少年たちのサッカーの試合から始まるこのCMも、ライトタッチの楽しいもの。「俺はロナウド」「僕はネイマール」などと、少年たちが声明すると、本物のスターたちが現れ、少年たちと一緒にサッカーを遊ぶ。最後にペナルティキックをしようとするロナウドに変わって、ロナウドを声明した少年が現れ、「俺がやる!」とキック。心配するみんなの前で見事ゴールを決める。

2014年ワールドカップ放送権の大枠を獲得したスポーツ・ケーブルテレビ局ESPNは、米国のサッカーチームを応援する「I Believe」なる熱狂的、かつ愛国的なCMを制作し、米国のサッカーファンの気分を大いに高揚した。残念ながら米国チームはクオーターファイナルでベルギーのチームに破られ、「信じていた」多くのファンを失望させる結果になった。だが、ESPNが願ったワールドカップ熱は、このCM効果を待つまでもなく、米国のスポーツ史上始めて、スーパーボールやオリンピックに匹敵する勢いで盛り上がったのだ。

02 WCの放送権の大枠を獲得したESPNは、米国のサッカー気分を盛り上げるために、”IBelieve"(私は信じる)なるビデオを制作し、テレビ及びオンラインで流した。「私は信じる、われわれが必ず勝つと!」というタグラインにも関わらず、米国サッカーチームはドイツに破れ、すごすごと退場。だが、サッカー熱はそのまま米国に残った。

ソーシャル・メディア・ワールドカップ

6月12日、2014年ワールドカップ(以下、WC)がブラジルで幕を開けた時 ...

あと87%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

楓セビルのアメリカンクリエイティビティ NOW! の記事一覧

米国とサッカーワールドカップを彩るCM(この記事です)
米国THE ONE SHOWのゴールドペンシルの意味するもの
ビッグデータで注目のインフォグラフィックス
セント・パトリックス・デーに思う、ビール CM の名作
カモメと子犬の大勝利に終わった 2014年のスーパーボウル
第1回ワンショー・オートモービル広告賞で活躍する日本車

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る