IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

いま求められるクリエイターの仕事と役割

ひとつ上のステージへ。クリエイターのキャリアデザイン

クリエイターの役割が多様に広がっていくなか、仕事に対する意識も変容している。自己の成長につながるキャリアデザインとは?クリエイターのキャリアアップを支援する、人材紹介サービスのマスメディアンに話を聞いた。

※2014年6月時点

スキルを研ぎ澄まさなければ上流には望めない

就職や転職に関する相談を受けたり、マスメディアン登録者の動向を見たりしていると、「安定志向」「生活優先」を求める動きが最近とくに多いことに気が付きました。「アートディレクターのトップランナーになりたい」「世の中を動かすコミュニケーションをつくりたい」という気概や野心を持つ人が少なくなっている気がします。これはクリエイターに限らず、さまざまな分野で同一のことがいえるかもしれません。

一つの理由には、デジタルによる業務効率化によって仕事のスピードが増し、時間が短縮した分、さらに別の業務が増えることなどから、一人当たりの業務総量が増え、業務内容も広がり、複雑化しているからだともいえます。

そういった流れからか、「クライアントと直でやり取りする仕事に取り組みたい」あるいは、「広告主企業側でコンセプトや方向性を定めるところから携わりたい」と制作の上流から関わっていきたいとキャリアアップを考える人が増えています。

しかし、転職したからといって、希望通りに事が進むかというと、必ずしもそうではありません。首尾よく宣伝部に配属されたとしても、営業部が吸い上げてきた情報や、重役が決定した事項を制作会社に伝える“ハブ”としての役割になることだってあります。実際にクリエイティブを担当するのは制作会社です。上流から携わるのは、なかなか難しい。

上流から携わりたいのであれば ...

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る