IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

新しい街づくりへ!クリエイティブの挑戦

いま街が求める創造性とは 街とクリエイターの新しい関わり方

伊藤香織(東京理科大学)

今後、広告クリエイターは企業と共に「街づくり」にどのように関わっていけるのだろうか。都市デザインを研究し、都市とクリエイターの関わりを描いた『シビックプライド』などの著書もある東京理科大学の伊藤香織准教授に聞いた。

01.jpg

東京理科大学 伊藤香織(いとう・かおり)
1971年生まれ。東京理科大学 准教授。専門は、都市デザイン/空間情報科学。著書に『シビックプライド~都市のコミュニケーションをデザインする~』(監修、宣伝会議)。4月に「まちを生かす建築のいとなみ」をテーマにした『まち建築』(共著、彰国社)が発刊。

多様な創造性が集まってくる場

「アート、デザイン、フード、広告、スポーツ、社会教育やゲームまで、人々が生活を営む『街』をフィールドにした活動が、近年さまざまな分野で活発化しています」と伊藤香織准教授は話す。その背景にあるのは、ソーシャルやパブリックといった概念への関心の高まり。「『街』はその本質的でフィジカルな現れです。街の中でその歴史や未来を再発見したり、他者と体験を共有することに人々は楽しみを見だすようになっています。それゆえ『街を生きる感覚』にビジネスの機会を見だす人が増えているのではないでしょうか」。

新築や新設の機会が少なくなっていることで、一つの建設プロジェクトに複合的な意味を付与する動きもあると指摘する。「建物も交通のようなインフラも同様ですが、せっかく作るのならその機会を生かしきった方がいい。単にモノを作るだけで終わるのではなく、そこにさまざまなコト――イベントやコミュニケーションを乗せて効果を高めようとする取り組みもあります」。

その一例として挙げるのが、2006年に富山県に導入された日本初の本格的LRT(次世代型路面電車)である「ポートラム」だ。7色のカラーバリエーションを持つ美しいデザイン、市民がデザインしたラッピング車両、地元採用の女性アテンダントが観光案内や高齢者の乗降を助けるなど、単なる「乗り物」を超え、いまや街のコミュニケーションを構成する一つの要素になっている。

あと52%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

新しい街づくりへ!クリエイティブの挑戦 の記事一覧

伝統産業の工場を一般公開 限定感で1万人を集客
地元の祭りに参加するように地域ブランドに関わる
食とデザインをテーマに 京都の新しい拠点を目指す
いま街が求める創造性とは 街とクリエイターの新しい関わり方(この記事です)
地域コミュニティと共に成長する企業ブランド
街の魅力をつくる・伝える 不動産広告の新しい形
クリエイティブを切り口に 街づくりの核として成長する「KIITO」
街に溶け込む散歩道のような美術館「アーツ前橋」
芸術祭が生んだ クリエイターが行き来する街
地下鉄で街と人の絆をつくれ 仙台市地下鉄東西線、公共事業の挑戦

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る