IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

新しい街づくりへ!クリエイティブの挑戦

地域コミュニティと共に成長する企業ブランド

博報堂「LoCoBra」

博報堂は4月に新しい街づくりのフレームワークを体系化した「LoCoBra(Local Co-creation Branding:ロコブラ)」を発表した。これからの企業と地域との新しい関わり方について聞いた。

01.jpg

兎洞武揚(うどう・たけあき)(左)
博報堂ブランドデザイン副代表/組織開発ファシリテーター。企業ビジョンの共有による組織変革・風土改革コンサルティングと企業と社会との関係づくりのソーシャル・ブランディングが専門領域。

岩嵜博論(いわさき・ひろのり)(右)
博報堂ブランドデザイン ストラテジックプラニングディレクター。戦略思考とクリエイティブ思考を使って企業や地域の課題解決に従事している。地元滋賀のコミュニティ活動「KOKOKU」にも関わっている。

地域住民との関係性を高めることがブランド価値向上につながる

商業施設やホテル、大学や学習塾、病院など、地域に根差したビジネスを展開する企業・組織にとって、地域との関係づくりはますます重要な要素になりつつある。既存のマーケティングプロセスに沿った取り組みでは地域の人々の支持を得られないケースが増えているなか、「一方通行のコミュニケーションではなく、ステークホルダーと共に地域づくりのプロジェクトを実践しながら、『社会関係資本』を築くことが不可欠だと考えています。まず地域住民との関係性の質を高め、その結果、自社のブランド価値が向上していくという考え方です」と博報堂ブランドデザイン 副代表の兎洞武揚さんは話す。

あと76%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

新しい街づくりへ!クリエイティブの挑戦 の記事一覧

伝統産業の工場を一般公開 限定感で1万人を集客
地元の祭りに参加するように地域ブランドに関わる
食とデザインをテーマに 京都の新しい拠点を目指す
いま街が求める創造性とは 街とクリエイターの新しい関わり方
地域コミュニティと共に成長する企業ブランド(この記事です)
街の魅力をつくる・伝える 不動産広告の新しい形
クリエイティブを切り口に 街づくりの核として成長する「KIITO」
街に溶け込む散歩道のような美術館「アーツ前橋」
芸術祭が生んだ クリエイターが行き来する街
地下鉄で街と人の絆をつくれ 仙台市地下鉄東西線、公共事業の挑戦

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る