IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

新しい街づくりへ!クリエイティブの挑戦

街の魅力をつくる・伝える 不動産広告の新しい形

リクルートコミュニケーションズ

マンション・戸建ての広告といえば、価格や駅徒歩など、建物のスペック訴求が中心。だがリクルートコミュニケーションズは近年、不動産のある街の魅力を合わせて伝える取り組みをしている。

img01
img02

01,02 SUUMO内で公開されているショートムービーも、撮影・編集すべて住宅制作部のメンバーがディレクションする。

不動産プロモーションの新しい形

空高くそびえたつマンションのイメージイラスト、室内のパース、購入価格に駅徒歩時間。従来の一般的な不動産広告において提示される情報は、こうしたスペックが重視されていた。「住宅」を選ぶのではなく、「街」を含めた「暮らし」を選ぶという観点で、カスタマーに情報を提供できないか――住宅情報サイト「SUUMO」の広告制作を担当するリクルートコミュニケーションズ 住宅制作部は、こうした考えのもと、3年ほど前から「地域の価値をつくる」「地域にすでにある価値を伝える」といったこれまでにないアプローチで、不動産の魅力を伝える取り組みを進めてきた。

「購入後、長年にわたって住まうことを考えれば、物件自体の情報と同様、物件を取り巻く街の情報は購入者にとって重要なものです。実際に暮らしてみなければわからない街の文化や風土に関する情報を伝えることで、街のことを知らずに購入することによって生じる恐れのあるマイナス要素を防ぐことができますし、自分に合う街を選ぶことができれば不動産の購入はもっと満足度の高い体験になる。より多くの人が、いままで知らなかった街の物件の購入を検討するきっかけになるかもしれませんし、この街が好きだと思って住まう人が増えれば、ひいては街もよくなっていくと思うんです」と同部の竹内誠一さんらは話す。

あと45%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

新しい街づくりへ!クリエイティブの挑戦 の記事一覧

伝統産業の工場を一般公開 限定感で1万人を集客
地元の祭りに参加するように地域ブランドに関わる
食とデザインをテーマに 京都の新しい拠点を目指す
いま街が求める創造性とは 街とクリエイターの新しい関わり方
地域コミュニティと共に成長する企業ブランド
街の魅力をつくる・伝える 不動産広告の新しい形(この記事です)
クリエイティブを切り口に 街づくりの核として成長する「KIITO」
街に溶け込む散歩道のような美術館「アーツ前橋」
芸術祭が生んだ クリエイターが行き来する街
地下鉄で街と人の絆をつくれ 仙台市地下鉄東西線、公共事業の挑戦

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る