IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

名作コピーの時間

「Yonda?」「消えたかに道楽」「つまらん!」

大久保浩秀(日本エージェンシー)

    Yonda?

    新潮社『新潮文庫』/1998年
    ○C/谷山雅計

    消えたかに道楽

    東海旅客鉄道『JR東海』/1991年
    ○C/谷山雅計

    つまらん!

    大日本除虫菊『水性キンチョ-ル』/2003年
    ○C/山崎隆明 石井達矢

十代のころから好きで聴いているパンクロックやハードコアの楽曲は、短くて、本音があって、シンプルだ。そんなことを考えながら、短くて、本音があって、シンプルなコピーを選ばせていただきました。 

僕たちコピーライターが書いているコピーというのは、広告を見たくない人たちに見てもらうための工夫のことだと思っています。そもそも広告なんて誰も見たくない。広告を見たくない人にとっては、短くてシンプルなコピーのほうが受け入れられやすいはずです。

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

名作コピーの時間の記事一覧

名作コピーの時間の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る