IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

           

ニュークリエイター

現実と非現実の狭間を描く

有坂亜由夢(最後の手段)

やけのはら「RELAXIN'」のMV が文化庁メディア芸術祭 エンターテインメント部門 新人賞を受賞し、注目を集めた映像ユニット「最後の手段」。その中心を担う有坂亜由夢さんは、平面/立体、アニメ/実写と何でもござれの若手映像作家だ。



01 やけのはら「RELAXIN'」 MV(2013)

現実と非現実の狭間を描く

学生時代の友人3人で結成した映像ユニット「最後の手段」として、映像を中心に、分野を問わず幅広いクリエイションに取り組む有坂亜由夢さん。映像に力を入れるようになったのは大学院在籍時のことだ。「学内ではコンセプトが重視され、ただ映像を作っただけでは評価されない。一つのテーマをとことん深く掘り下げた上で表現するやり方は、このときに鍛えられました。

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ニュークリエイター の記事一覧

現実と非現実の狭間を描く(この記事です)
ロボコンから少年アニメの夢を実現
CGを素材として生かし、アナログ感あるモーショングラフィックスを制作
会議や講演をグラフィックで記録し、発信する―Tokyo Graphic Recorder
くるり新曲「Remember me」のMVは、消しカスを利用したアニメーション

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る