IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

           

世界のクリエイター

日本とアメリカ 誰でも作れそうで作れないもの

細金卓矢

海外で道を拓く日本人クリエイターのいまをレポート。今回は、文化庁メディア芸術祭や、世界中から参加者が集まるデジタルデザイントーナメント「Cut&Paste」などで、国内外から高い評価を受ける映像作家・細金卓矢さんを紹介する。

01 「Vanishing Point」(2010年)
Vimeoでの公開後、国内外で話題に。これまでに例のない正方形(640×640)のフォーマットで制作した。
02 「日本橋高架下R計画」(2012年)
制作に参加した若手のアニメーターは、ネットで集めた。
03 「No.1 feat. G. RINA/tofubeats」(2013年)
渡米が決まっていたので、「『日本人が感じる日本(芸者、漢字、サムライではなく)』をやりたい」と考え、制作。

誰でも作れそうで作れないもの

CG、アニメーション、VJ、実写などジャンルを問わず、さまざまな映像作品を発表し続け、気鋭の映像作家として国内外から注目を集める細金卓矢さん。まだ中学生だった2001年頃にFlashを独学で身につけて以来、学生・社会人と立場が変わっても、一貫して映像制作をライフワークとしてきた。

あと56%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

世界のクリエイター の記事一覧

日本とアメリカ 誰でも作れそうで作れないもの(この記事です)
「人種のるつぼ」上海で活躍するクリエイター
真横で見た、オリビエロ・トスカーニの姿
5年ごとに住む都市を変えながらデザインする

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る