IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

これからの60年をつくる コミュニケーションの革命児たち

保育園×まちづくり=枠組みを超えた対話

松本理寿輝(まちの保育園)

「これからの企業と生活者のコミュニケーションを変えるのは誰だ?」――宣伝会議 創業60周年の節目の号である本号では、メディア、テクノロジー、地域など、さまざまな切り口で、コミュニケーションの新しい可能性を拓いている40名あまりのクリエイターの活動を紹介します。なぜ、あなたはその活動に取り組むのですか? 自身の活動を通じて実現しようとしていることは何ですか? それによって企業のコミュニケーションはどう変わり、あるいは私たちの未来がどうワクワクするものに変わっていくのでしょうか?――これからのコミュニケーションを考えることは、これからの広告の形を考えることにほかなりません。彼らが語る言葉の中に、次なる広告の発想の刺激やさまざまなヒントが見つかるのではないでしょうか。あるいは、新しいコミュニケーションにチャレンジしたいときのパートナーとして、力強い味方になってくれるかもしれません。

まちの保育園 松本理寿輝(まつもと・りずき)
1980年生まれ。博報堂、フィル・カンパニー副社長を経て、2009年4月ナチュラルスマイルジャパンを創業。「まちの保育園 小竹向原」「まちの保育園 六本木」を運営。今秋には武蔵野市吉祥寺にも開園予定。

子どもとの触れ合いが地域を変える

博報堂を経て「まちの保育園」経営者となった松本さん。焼きたてのパンを提供するカフェなどを併設する小竹向原園と、六本木園の2園を展開する「まちの保育園」は、保護者だけでなく老若男女、近所の大人たちが訪れ子どもの成長を見守る。これまでにない地域に開かれた保育園である。

0~6歳の幼少期は、人間の「人格形成期」といわれ、その期間にどんな人と出会うか、どんな経験をするかが、その人の一生に影響を与えるといわれている。「日本における父親の平均育児参加時間は約20分で、その他のほとんどの時間が母親によって支えられている現状があります。また保育園の先生も98%(09年当時)が女性で、その平均年齢は約30歳です。子どもの一生に大きな影響をおよぼす人格形成期を支える人々が、若い女性に偏りすぎています。子どもには、たくさんの人と関わりながら、経験を広げてもらいたいと考えました」と松本さん。地域に対して開かれた保育園は、子どもたちだけのためのものではない。次なるやりがいを探している団塊リタイヤ世代や子育てがひと段落して余裕が出てきた“先輩ママ”世代と、子育てに奮闘する若い母親世代とをつなぐことで、孤独になりやすい子育ての現場に手を差し伸べることもできる。「まちの保育園」は、子ども、地域、そして家庭にポジティブな影響をもたらす可能性を秘めている。

あと23%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

これからの60年をつくる コミュニケーションの革命児たち の記事一覧

デザイン×音×テクノロジー=新しい音の体験
デザイン×アクティビティ=機能する空間
平成生まれ×クリエイティブ=N magazine
地域×編集=生活への深い関与
優良なコンテンツ×最新技術=ニッチスターの誕生
編集×小商い=古いシステムのアップデート
価値を見極める目×楽しむ心=未来につなげる価値
クラウドファンディング×企業=企業と個人の新しいつながり
保育園×まちづくり=枠組みを超えた対話(この記事です)
ブランド×デザインエンジニアリング=新しいユーザー体験
経営×デザイン=企業の新しいパートナー
企業×未来研究所=手触り感のある未来
スポーツ×課題解決=スポリューション
広告クリエイター×自主開発=次世代クリエイティブ
伝統×現代のコミュニケーション=工芸作品の新しい魅力
プロダクトデザイン×事業戦略=サービスモデル
コア音楽×アイドル=広げる力
独自の世界観×エンタメ×ノンフィクション=世代超える共感
個人メディア×継続=豊かな土壌
テクノロジー×コミュニケーション=ちょっと幸せ
テクノロジー×データ=ストーリーテリング
地域資産×プロデューサー視点=女子人気ナンバーワン県
地域の核をなす商品×物語×デザイン=商売繁盛
人工知能×親しみやすさ=コミュニケーションロボット
ストーリー×情報発信=アイドル映画
AR×行為の透明化=新たな社会インフラ
広告×はみだす意識=無限のチャンス
地域×デザイン=人をつなぐコミュニティ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る