IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

C-1グランプリ

福部明浩さん、阿部聡子さんが選んだ「子供にゲームじゃなく本を読みたいと思わせるコピー。」

新しい季節の到来。気持ちも新たに、この春からもC-1グランプリに取り組んでいただきたいと思います!さて、今回は福部明浩さんと絵本編集者 阿部聡子さんによる出題。福部さんの息子さんに「本を読みたいと思わせるコピー」はどんなものが選ばれたのでしょうか?

出題テーマ:子供にゲームじゃなく本を読みたいと思わせるコピー。

広告コピーのコンテストって、「うまいね〜、どうも!」っていうものに賞が与えられることが多いように思うんですが、やっぱりそれって、内輪受けなんですよね。自戒の念を込めて。とくに子供にはまったく刺さらない。完全スルー。やつらはそんなこと全然気にしてません!とくに今回のターゲットである本を読まない子供たちは、基本、読解力ないですから(笑)。そのことは、僕よりも長く子供相手に仕事をしている絵本編集者の阿部聡子さんには、実感としてあるみたいで、そういう系のコピーはバンバンはじかれていました(笑)。それがまた的確なんだ。みなさん、もし絵本を出版したいなら、ぜひ阿部さんにご一報を。必ずや力になってくれると思います。あ、話がそれました。さて今回のグランプリ。僕はすばらしいと思います。ど直球!160km!分かりやすいし、何しろワクワクしながら最後まで本が読めそうです。ありがとうございます!うちのバカ息子にも試したいと思います。

04.jpg

01.jpg

あと77%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

C-1グランプリ の記事一覧

福部明浩さん、阿部聡子さんが選んだ「子供にゲームじゃなく本を読みたいと思わせるコピー。」(この記事です)
小野田隆雄さん、原耕一さんが選んだ「もっとラジオを聞いてもらうためのコピー」とは!?
廣瀬大&井戸正和が選んだ「さあ、生まれよう!」と思ってもらうコピー
髙崎卓馬&ブルータス 西田善太編集長が選んだ「外食したくなるコピー」
みんなが「劇場でお笑いを見たくなる」コピーとは!?
山本高史&木村祐一が選んだ『先輩をおだてる』コピー

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る