IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

           

業界ニュース

2014 年度TCC 賞作品応募開始ほか―今月の広告業界注目のニュース

広告・デザイン関連の各協会団体によるクリエイティブのニュースをお届します。

2014年TCC賞の審査方針は、「コピーが何を変えたか」

01 谷山雅計さん

2月3日に2014年度TCC賞の作品応募が始まる。2013年より審査委員長の任期を1年とすることとし、2年目となる今年は谷山雅計さんが務める。審査方針は、「そのコピーがない世界とそのコピーがある世界。何が変わりますか?」。

これは谷山さんが日ごろ、自分自身がコピーを書き、その善し悪しを判断する際の基準でもある。「これは、師匠である大貫卓也さんの影響も大きいかもしれません。存在する意味のない言葉を嫌い、そのコピーがあることで人々や世の中にどれだけの変化をもたらすのか、ということをいつも突きつけられていたので」。

技術やレトリック以上に、「コピーが何を変えたか」を評価したい、と谷山さんは考えている。「ただし、方針で掲げている"世界"というのは、世の中全般を広く指しているわけではなく、仕事の規模を問うているわけでもありません。例えば自分の家の近所や周囲の数十人であっても、そこにコピーや広告が存在することで、何かしらの変化がもたらされたのであれば、それも間違いなく"世界を変えている"ことにほかならない。そこに言葉のなしとげた足跡を見つけられるならば、どんなに小さな仕事でも応援したいと思います」。

あと75%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

業界ニュース の記事一覧

2014 年度TCC 賞作品応募開始ほか―今月の広告業界注目のニュース(この記事です)
金沢ADC受賞作決定 ほか――今月の広告業界ニュース
業界ニュース
業界ニュース
業界ニュース

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る