IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

           

変革をもたらすアイデア イノベーターの発想法

斬新かつ実現できるアイデアの考え方

森川俊、畑中翔太(博報堂ケトル)

一見突飛だが、実現性を備えたアイデアを生みだすことが、博報堂ケトルの本分。そのアイデアと表裏の関係にあるプロデュースの手法にフォーカスをあて、企画を実現させるためのアイデアの考え方を紹介する。

01 「スケルトン」作業中の一幕。プレゼンテーション資料を、壁に張り出して眺めながら、組み替えたり、ページを加えたり減らしたり、といった編集をチームで行っていく。

社外クリエイターとメリットを共有

博報堂ケトルのアイデア発想の要のひとつは、「どんな課題にも必ず鮮やかな解決策がある」と楽観的に信じ、既存パターンに逃げないこと。ケトルのメンバーは「この企画はケトル的チャレンジか?」と自問しながらアイデアを生みだしていく。

もうひとつ、「オキニケーション」と呼ばれる考え方もある。由来は野球用語の「置きにいく」で、必ずストライクゾーンに入るような投球を指す。勝負からの逃げと見る向きもあるが、ケトルにとっては、実施時に効果が確実に見込めるのか、「企画のリアリティ」を忘れないようにする造語だ。

あと84%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

変革をもたらすアイデア イノベーターの発想法 の記事一覧

これが私のインスピレーションスイッチ
プロトタイプはアイデアポケット
Tribal 発 高速チーム発想メソッド
「村づくり」を頭に描いてアイデアを育てる
斬新かつ実現できるアイデアの考え方(この記事です)
アイデアとは思いだすこと
アイデアの源は思考に潜むバイアス

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る