IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

           

QUESTION

「2014年、これだけは「しない」こと教えてください」

井口理、岡本晋介、金子雄太、小池博史、谷口恭介、芳谷兼昌

月替りのクリエイター6人によるショートアイデア。今月のお題は「2014年に向けて」。

Q.2014年、これだけは「しない」ことを教えてください。

芳谷兼昌(よしたに・けんしょう)

電通 第5CRP局 コピーライター

A.「あと1時間したら本気出す」を「しない」。

コピーをつくるとき。22時になったら書き始めよう。なんて思いながらダラダラしていて、その時間がくると、やっぱり23時になってからやろうと再びダラダラする。そしたらすぐ24時になって、気づいたら右手にはグラスが握られていて、今夜はもう寝て早起きして書こう。と夢の中へ潜り込んでしまう。最初のあの決意は何だったんだ?これを2014年の「しない」に加えたい。

井口理(いのくち・ただし)

電通パブリックリレーションズ チーフPRプランナー

A.ファクトに頼ることを「しない」。

「PRはファクトありき」と主張してきたんですが、もはやハード・ファクトやドライなデータだけでは人を動かすことはできません。私たちが生活者にとっての潜在的価値を見いだし、そこにマッチする「腑に落ちる情報」として加工、提供してこそ、カスタマーエンゲージメントにつながるはず。これがPRにおけるクリエイティビティなんじゃないかな。

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

QUESTION の記事一覧

「2014年、これだけは「しない」こと教えてください」(この記事です)
アイデアの選び方を教えてください
通勤中、ついつい観察してしまうものは?
成功するプレゼンのために大切にしていることは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る