IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

特別対談

「企画術」は本当に役立つのか?

福里真一×髙崎卓馬

CMプランナー福里真一さんの著書『電信柱の陰から見てるタイプの企画術』が11月1日刊行されました。これを記念し実施した特別対談のお相手は、電通の髙崎卓馬さん。『表現の技術』の著書がある髙崎さんと福里さん、企画本の著者2人による対談のテーマは「企画術は本当に役立つのか?」です。

062_01.jpg

ふくさと・しんいち(写真左)
1968年鎌倉生まれ。ワンスカイ CMプランナー/コピーライター。92年電通入社。2001年よりワンスカイ所属。主な仕事に、ジョージア「明日があるさ」、富士フイルム「フジカラーのお店」、サントリーBOSS「宇宙人ジョーンズ」、BOSS贅沢微糖「贅沢していい人」、ダイハツ「日本のどこかで」、ENEOS「エネゴリくん」、トヨタ自動車「こども店長」「ReBORN」「TOYOTOWN」、東洋水産「マルちゃん正麺」ほか。

たかさき・たくま(写真右)
1969年生まれ。電通 コミュニケーション・デザイン・センター クリエーティブディレクター/CMプランナー。主な仕事に朝日新聞、サントリーオランジーナ、オールフリー、インテル、JR東日本「行くぜ、東北。」dビデオ、JRA、ANA、東芝など。著書に『表現の技術』、小説『はるかかけら』など。

立ち位置が決まると企画が楽になる

髙崎▶ 福里さんの『電信柱の陰から見てるタイプの企画術』、読みました。『宣伝会議』で連載していた頃から読んでいましたが。

あと84%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

特別対談 の記事一覧

「企画術」は本当に役立つのか?(この記事です)
新潮文庫 16年ぶりのキャンペーン刷新

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る