IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

特集 話題を生む! オンライン動画

フィルムの中の女の子と触れ合えるMV

キリンジ「Interactive Film いつも可愛い」

2013年2月に公開されたキリンジ「いつも可愛い」のMVは、ユーザーの選択によって登場する女の子のリアクションや結末が変わるインタラクティブムービー。インタラクティブという手法を取った理由、そしてムービー制作のポイントとは。


「可愛さ」を関係性で表現する

「君はいつも可愛い後ろ手でスイッチ切ったbaby...」。「いつも可愛い」は、彼女との親密で甘い時間を歌い上げたキリンジの楽曲。そのMVをつくるにあたっては、「思いきり女の子の可愛さを表現した映像にしようと考えました」と、「InteractiveFilm いつも可愛い」を企画した博報堂の正村堅太郎さんは話す。

可愛いとは何か?と改めて考え、たどりついた結論は「容姿ではなく関係性」。「どんなに綺麗でも、よそよそしい女性は可愛くない。女の子との親密な関係性から、可愛さを感じてもらいたいと考えました」。そこで、フィルムの中の女の子とインタラクションできる企画が生まれた。

インタラクティブフィルムという設計を最大限に生かすためのシチュエーションとして選んだのは、彼女と2人で行く冬の小旅行。その中で、彼女と触れ合えるいくつかのインタラクティブポイントを設けた。その選択によって、彼女のリアクションや、フィルムの結末が変わる仕掛けになっている。例えば、パーキングエリアの食券機では、天ぷらうどんとソフトクリームが選べるが、温かい天ぷらうどんを選ぶと彼女を喜ばせることができ、冷たいソフトクリームを選ぶと寒がって喜んでもらえない...といった具合だ。ほかにも、旅館の部屋の中での「あっち向いてホイ!」など、親密さを感じさせるシチュエーションで選択肢が現れるようになっている。

あと54%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

特集 話題を生む! オンライン動画 の記事一覧

人気YouTuberが語るヒット動画の秘訣
フィルムの中の女の子と触れ合えるMV(この記事です)
見たことのない映像から生まれる強さ
PRと相性抜群! 自治体発の動画キャンペーン
ブランドを高めるバズムービー
心に残る動画体験を生む4つの方法
木村健太郎さんインタビュー「海外事例に学ぶ 見たくなる動画の設計手法」
老舗新聞社・信濃毎日新聞が鉄拳と異色のコラボ
王子ネピアがティッシュを使ったコマ撮りムービーを公開
映像クリエイターの表現を最大限に引き出す――Dell Precisionシリーズ
商品説明を強力なエンタメに昇華!東京ガス「ガスの仮面」
グーグル 水野有平さんが語る「動画でもっと企業とユーザーは近づける」
540万回目撃されたスプライトの「爽快」体験

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る