IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

名作コピーの時間

「愛されてますか。奥さん」「1億使っても、まだ2億」「変われるって、ドキドキ」

吉澤到

どんなコピーに出会ったかでコピーライターの人生は決まる(のかも)

    愛されてますか。奥さん

  • 日産自動車/1972年
    ○C/平井英人

    1億使っても、まだ2億

  • 全国都道府県及び12指定都市/1999年
    ○C/滝村泰史

    変われるって、ドキドキ

  • トヨタ自動車/2000年
    ○C/山本高史

17年前のその日、僕は失意の中で局長室のソファに腰を沈めていた。目の前にいる眼光鋭い白髪の人物が、最初の上司になる平井英人さんだった。その日は配属式で、僕は希望していたコピーライターにはなれず、セールスプロモーションの部署に配属されたのだった。平井さんは昔有名なコピーライターだったと話に聞いていた。ダンディで女性にモテるらしく、今まで何度か結婚と離婚をしているという噂もあった。その晩、平井さんは僕たち新人を行きつけのクラブに連れていき、コピーライター時代の話をしてくれた。

平井さんの代表作は日産ブルーバードの「愛されてますか。奥さん」だった。僕の生まれる前の作品だ。平井さんは「コピーというのは、私小説なんですよ」と言って悪戯っぽく笑った。

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

名作コピーの時間の記事一覧

名作コピーの時間の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る