IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

私のクリエイティブディレクション論

ワイデンECDが語る「アイデアが一番カンタンだ」

ケイレブ・ジェンセン(ワイデン+ケネディ トウキョウ)

第一線のクリエイティブディレクターが考える、その役割と理想形とは。今回登場するのは、ワイデン+ケネディで、最年少34歳でエグゼクティブ クリエイティブ ディレクターに抜擢された、ケイレブ・ジェンセンさん。ワンショー2013やクリオ賞でゴールドを受賞したナイキ「Jogger」のコピーを書き、東京オフィスではナイキ ベースボール「宣誓」篇が2013年度ACC賞最高賞を獲得。そのクリエイティブディレクションに迫る。

Caleb Jensen
ワイデン+ケネディ トウキョウ エグゼクティブ クリエイティブ ディレクター。ワイデン+ケネディの米国ポートランド本社にあるアドバタイジングスクール、「W+K12」を経て入社。ナイキ、エレクトロニック・アーツ、コカ・コーラなどのグローバルブランドを担当、これまでワイデン+ケネディにとって最も重要な仕事の数々に関わる。ネブラスカ州リンカーンで生まれ育ち、バンドでベースを担当したり、またアマチュアボクサーとしてのキャリアもある。学生の頃は、広告を気に入っていたナイキのジョーダンスニーカーを購入するために、新聞配達で貯金をしたことも。

――クリエイティブディレクター(CD)の果たすべき役割は。

CDの仕事は、チームメンバーが良いアイデアを得られるようにすること。それも、これまで考えもしなかったようなものを。僕もかけだしの頃は、アイデアを考えるのが怖かった。なにせ問題を解決する方法は無限にある。真っ暗で入り組んだ洞窟を歩き、出口を探すようなものです。

あと80%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

私のクリエイティブディレクション論 の記事一覧

ワイデンECDが語る「アイデアが一番カンタンだ」(この記事です)
コピーライター 岩崎俊一 広告づくりのルール
勇気と大胆な心が 新しい広告を生む
「答え」だけでなく、「問い」を提示する

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る