IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

ニュークリエイター

くるり新曲「Remember me」のMVは、消しカスを利用したアニメーション

イラストを消した消しカスが動きだし、アニメーションの絵の一部になる。端地美鈴さんの作るアニメーションは、1枚の紙の上で「描いて」「消す」行為を繰り返すことで、生み出される。


01 くるり「Remember me」PV(スピードスターレコーズ)
AD / CHIMASKI

消しカスが絵となり動き出す

鉛筆で絵を描き、絵を消した消しカスも利用して次なる絵をつくり、ストーリーを展開させる。端地美鈴さんのアニメーション作品は、イラストを描いたり、消したりする様子を定点カメラで撮影し、その映像を早送りすることでアニメーションになる。

2013年3月に京都造形大学を卒業した端地さんだが、この独特の制作手法は同大学の卒業制作にて初めて用いた。「描くことと消すこと」について考え、消しゴムで消す行為や、鉛筆で黒く塗った箇所に消しゴムで描く(消す)行為、鉛筆で塗りつぶして消す行為の次に、どんな表現が可能か探る中で生まれた。1枚の紙を最初から最後まで使用するため、完全に消しきれない消し跡が少しずつ残っていき、最後には消し跡しか残らない。そこが1枚ずつ異なる絵を描くアニメーションと異なり「時間軸を感じさせる魅力がある」と端地さんは話す。

あと43%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ニュークリエイター の記事一覧

くるり新曲「Remember me」のMVは、消しカスを利用したアニメーション(この記事です)
あらゆる素材とコラボする、注目のコラージュ作家
山伏生活を経て知った、暮らしとものづくりが一体の生活

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る