IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

ディレクターに聞く キャスティングの裏側

CMの面白さは「違和感」から生まれる

菊池浩史

ディレクター菊池浩史さんの手がけるテレビCMは、見る人に違和感を覚えさせる。キャスティングや演出によって、その引っかかりをつくり出すことが、見る人の興味を引き、笑いを生み出すためのポイントだと話す。

「引っかかり」のある映像をつくる

冷たい吐息でゴキブリを仕留める雪女が登場する「フマキラー」のCMに見られるように、コメディタッチのテレビCMを数多く手がけるディレクターの菊池浩史さん。

「『笑い』は誰もが平等に幸せな気持ちになれるもの。根本の部分で、CMを通じて人を笑わせたい、という思いがあります」。そう話す菊池さんが「笑い」を取り入れるために行っているのは、映像の中に「引っかかり」をつくることだ。

あと79%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ディレクターに聞く キャスティングの裏側 の記事一覧

CMの面白さは「違和感」から生まれる(この記事です)
アドフェスト受賞で学んだ ディレクターとしての覚悟
高校生の日常の延長線にある光景を切り取る
皆で1本の鍵をつくって、トビラを開ける

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る