IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

世界のクリエイター

5年ごとに住む都市を変えながらデザインする

中村直登

海外で道をひらく日本人クリエイターのいまをレポート。今月は、インテンショナリーズを経て、現在はスウェーデン・ストックホルムで、インダストリアルデザイナーとして活躍する中村直登さんを紹介する。

01 リアル・フリート「Barouche」(2005年)
旅をテーマにした家電シリーズ。電気ケトル、コーヒーメーカー、アラームクロックがある。

各国の空気を呼吸したデザイン

中村直登さんは、デザイン事務所インテンショナリーズで家電ブランド「amadana」や文具ブランド「Craft Design Technology」のデザインに携わった後、渡欧。スウェーデン最大の美術大学「コンストファック」でインダストリアルデザインを修めた。同大学は約900人の生徒を抱え、150年以上前に職人のための日曜画学校として開学した名門校だ。その後、現地で独立。現在はフリーランスで、インダストリアルデザイナーとして活躍する傍ら、アブソルートのボトルデザインなどを手がける「NOPICNIC」のパートナーとして働いている。

スウェーデン在住は6年目を迎えた。「卒業後、帰国も考えたのですが、イギリスやオランダとの仕事が継続中だったこともあり、残ることを選びました」。ストックホルムは、中村さんが2003年に開かれた展示会「TOKYO STYLE IN STOCKHOLM」へ参加した際、環境が気に入り、生活してみたいと考えていた街だった。

あと49%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

世界のクリエイター の記事一覧

5年ごとに住む都市を変えながらデザインする(この記事です)
日本とアメリカ 2つの視点を行ったり来たり

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る