IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

デザインの見方

伝える「熱量」を持ったデザイン

戸田宏一郎(電通)

個展「AERO」ポスター 1992年

図録「AERO」 1992年
Artist、Art Director、Designer/葛西薫

1992年、ギンザ・グラフィック・ギャラリーで葛西薫さんによる「AERO(エアロ)」という展覧会が開催されたのですが、これはその展覧会のポスターと、実際に展示されていた作品です。

当時僕は美大の2年生で、正直広告の世界には興味がありませんでした。イギリスのグラフィックデザイナー ネヴィル・ブロディの作品に強く惹かれていて、彼の手がけたレコードジャケットのデザインやファッション雑誌のアートディレクションに興味があった。例えば彼の『The Graphic Language』という作品集は僕のバイブルだったんです。

そんな中で、ある日「AERO」のポスターを見て、強く心を惹かれた。おそらくその頃は葛西さんの名前も知っていたかどうか怪しいのですが、それにもかかわらずポスターを目にしたことで実際にギャラリーまで足を運んだし、そこでまた強く衝撃を受けたわけです。

あと73%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

デザインの見方 の記事一覧

伝える「熱量」を持ったデザイン(この記事です)
デザインに時代性を取り入れる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る