IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

PICK UP

データは人の心を動かせるか

本田技研工業「Sound of Honda / Ayrton Senna 1989」

アイルトン・セナ――「音速の貴公子」と異名をとった彼の名前は、F1ファンでなくとも、一度は耳にしたことがあるはずだ。1989年F1日本グランプリ予選で、この無二のF1ドライバーが残した世界最速ラップ(当時)が、音と光によってよみがえった。


01 動画「Sound of Honda - Ayrton Senna 1989」

熱を帯びたデジタル

 アイルトン・セナが、鈴鹿サーキットを再び駆け巡った。コース上に並んだLEDランプとスピーカーが、たった一人の1989年F1日本グランプリ予選を演出する。7月24日に公開された動画は、国内外からアクセスを集め、1週間で150万回再生された。

今回のプロジェクト「Ayrton Senna1989」のクリエイティブディレクターを務めたのは電通コミュニケーション・デザイン・センターの菅野薫さん。肩書きは「クリエーティブ・テクノロジスト」。

2011年からホンダのナビゲーションシステム「インターナビ」を担当、会員のリアルタイム走行データをビジュアル化する「dots now by internavi」や動画撮影アプリ「RoadMovies」などを手がけてきた。

あと76%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PICK UP の記事一覧

データは人の心を動かせるか(この記事です)
家族の肖像をフィギュアに 無印良品の世界同時キャンペーン

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る