広告マーケティングの専門メディア

オンライン動画で変わる広告

ソーシャルメディア別にみる最適な動画クリエイティブとは

crevo 柴田憲佑

2015年の企業広告の傾向から、2016年のソーシャルメディア動画広告の新潮流を、動画制作事業を手がけるCrevoの代表取締役である柴田憲佑氏が読み解く。

事例1

変化を始めた国内動画広告市場 これからのソーシャル動画広告

最近では国内企業でも、テレビCMの制作にあわせてWeb用の動画広告を別につくることが当たり前になってきました。しかし、Web用に制作したとしても、テレビCMと似たような内容では効果は望めません。大切なのは各メディアの特徴を理解したクリエイティブにすることです。

国内における動画広告の掲載先として、YouTubeや、Twitter、Facebook、Instagramといったソーシャルメディアも増えてきていますが、それぞれにうまく溶け込む手法はいずれも異なります。ユーザーがソーシャルメディアごとに求めているコンテンツを理解し、ユーザーが能動的にコンテンツを楽しめるようにクリエイティブを最適化することが重要なのです。

YouTube広告は「最初の3秒間でユーザーを捕まえる」

YouTubeの動画広告は、視聴開始から5秒後にスキップボタンが押せるようになっています。このスキップボタンを押させないためには、「最初の3秒間」でユーザーの気持ちをくすぐるフックをつくることが何よりも重要です。なぜなら4~5秒目には、視聴者の意識はすでにスキップボタンに移ってしまっているからです。

それでは、どうやってユーザーの気持ちを捕まえるのか …

あと81%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

オンライン動画で変わる広告 の記事一覧

活発化するオンライン動画市場―国内市場の動き
おもしろ自治体動画
あらゆる接点で動画を活用、ブランド向上・売上増に役立てる
「強制視聴」を逆手に!伝えたいコアメッセージを面白く伝達
コア層・低関心層の両方に向けて発信、目指すは真の応援団づくり
商品に対する熱量を伝え売り場スペースを獲得
ソーシャルメディア別にみる最適な動画クリエイティブとは(この記事です)
動画市場が注目される3つの理由とは

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する