広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

NHK「クローズアップ現代」 BPO意見の波紋

明石庸司

番組の問題とBPO意見

NHK番組の問題を発端に、放送と政治の関係が再び揺れている。放送倫理・番組向上機構(BPO) は11月6日、NHK報道番組「クローズアップ現代」の“やらせ”問題で、「重大な放送倫理違反があった」との意見を発表した。同時に意見は、同番組に対する総務省や自民党の対応について、「圧力そのもの」として厳しく批判。これに対し、高市早苗総務相や安倍晋三首相らが反論するという事態となった。

「追跡“出家詐欺” ~狙われる宗教法人~」として2014年5月に放送された同番組は、多重債務者を出家させて名前を変え、金融機関から住宅ローンを騙しとる「出家詐欺」の実態を追う内容。問題の発端は、番組内で「出家を斡旋するブローカー」として紹介された男性(A氏)が、「記者からブローカー役を演じてほしいと指示を受けた」と訴え、2015年4月1日にNHKに訂正放送を求めたことだった。これに対し、NHKは4月3日、調査委員会を設置。取材制作のプロセスや放送内容が適切だったかを調査し、同28日に調査報告書を公表した。

番組では記者が詐欺斡旋の「活動拠点」を突き止め …

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

第45回日本プロモーショナル・マーケティング協会展 経済産業大臣賞にキユーピー「母の日ブーケサラダ」
VRヘッドセット×スマホ×サイネージ×ヘッドホン デバイスを組み合わせたプロモーション
11月の新聞社ニュースダイジェスト 新聞協会主催「あしたの一面展」ほか
NHK「クローズアップ現代」 BPO意見の波紋(この記事です)
4Kテレビの現状と課題 Strategy Analytics社のアナリスト ワトキンス氏の指摘
新たな市場としての可能性 記念日をきっかけにイベントを生み出す
11月の広告界注目ニュース
ネット時代の創作活動 複製技術の進化と創作
ラグビーワールドカップ2015 次開催国である日本にとってのヒント
日本プロモーショナル・マーケティング学会 「論集(第8巻)」が発刊
映画やアニメの登場人物に変身させる サイネージプロモーション
相次ぐ新聞社の合同Webサイトの開設 地方紙間の連携が活発化
民放テレビ・ラジオの営業収入見通し テレビは減収予測へと下方修正
10月の広告界注目ニュース
Netflixがついにサービスを開始 日本の映像市場はどう変わるか
密度の濃いコミュニケーションが存在価値 スマートフォンで語れるイベント
広告主は「プロモーション企画費」をどのようにとらえているのか

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する