広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

11月の広告界注目ニュース

日本リテンション・マーケティング協会、
2016年1月始動

既存顧客との関係性維持や育成を指す「リテンション」に重きを置いた、マーケティング手法の共有や人材育成を行う業界団体「日本リテンション・マーケティング協会」が2016年1月に活動開始する。事業会社のほか広告会社、印刷会社などから会員を募り、取り組み事例の共有や講演会、調査などを定期的に実施する。

理事長には、化粧品通販のJIMOS創業者でJスタイル社長の小村富士夫氏が就任。会員数は11月現在、事業会社からなる正会員が20社、広告会社や印刷会社、制作会社などの賛助会員が20社程度。正会員には千趣会の大手通販会社、セゾン自動車火災保険などのダイレクト損保、英会話スクールのベルリッツ・ジャパンなどが名を連ねる。正会員をメインに会員を増やし、合わせて100社程度まで拡大したい考え。事務局は東京都港区に置く。

リテンションは、マス広告に代表される「アクイジション」(新規顧客獲得)に対する概念として語られることが多く、具体的には見込み客の顧客化やリピート購入 …

あと75%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

第45回日本プロモーショナル・マーケティング協会展 経済産業大臣賞にキユーピー「母の日ブーケサラダ」
VRヘッドセット×スマホ×サイネージ×ヘッドホン デバイスを組み合わせたプロモーション
11月の新聞社ニュースダイジェスト 新聞協会主催「あしたの一面展」ほか
NHK「クローズアップ現代」 BPO意見の波紋
4Kテレビの現状と課題 Strategy Analytics社のアナリスト ワトキンス氏の指摘
新たな市場としての可能性 記念日をきっかけにイベントを生み出す
11月の広告界注目ニュース(この記事です)
ネット時代の創作活動 複製技術の進化と創作
ラグビーワールドカップ2015 次開催国である日本にとってのヒント
日本プロモーショナル・マーケティング学会 「論集(第8巻)」が発刊
映画やアニメの登場人物に変身させる サイネージプロモーション
相次ぐ新聞社の合同Webサイトの開設 地方紙間の連携が活発化
民放テレビ・ラジオの営業収入見通し テレビは減収予測へと下方修正
10月の広告界注目ニュース
Netflixがついにサービスを開始 日本の映像市場はどう変わるか
密度の濃いコミュニケーションが存在価値 スマートフォンで語れるイベント
広告主は「プロモーション企画費」をどのようにとらえているのか

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する