広告マーケティングの専門メディア

COVER STORY

個別マーケティングによる、顧客体験価値の向上が急務~『宣伝会議』9月号のカバーストーリー

ネオ・アット・オグルヴィ デイビッド・リッテンハウス/ジオメトリー・グローバル・ジャパン 小野彰彦/日本アイ・ビー・エム 山口有希子

「宣伝会議」の表紙では、さまざまなジャンルの最新データをインフォグラフィックスを使って紹介していきます。今月は、データに基づく個別マーケティングを行うことが、いかに顧客体験価値を向上し、企業のビジネス上の成果につながるかを表現しています。

リーチできる人数をカウント(数を数える)するのではなく、カウントできる、つまり「価値のある人にリーチすること」がより重要――マーケター、ブランドマネージャーは直観的に理解するところだが、それを定量化することは容易ではない。

今月のビジュアルは、日本IBMのデータをベースに作成した。同社のファーストデータを使った個別マーケティングを実践したクラウドコンピューティングキャンペーンにおいて、広告露出のうち14%が新規顧客の80%を形成したことを示している。この80%の新規顧客は …

あと75%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

COVER STORY の記事一覧

個別マーケティングによる、顧客体験価値の向上が急務~『宣伝会議』9月号のカバーストーリー(この記事です)
今月のCOVER STORY~消費者のアイトラッキングデータで店頭の陳列位置の価値を測る
「トータルライフタイムバリュー」に見る新時代のマーケティング~『宣伝会議』7月号のカバーストーリー
脳はどのように世界を見ている?〜『宣伝会議』6月号のカバーストーリー
「魅力ある都市のソフト・パワーとは―アジア太平洋地域の都市の評価・評判」の最新データ~『宣伝会議』5月号のカバーストーリー
「グローバル・ブランドに関する真実」の最新データ~『宣伝会議』4月号のカバーストーリー

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する