広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

広告主の重点広告課題から「今」を読み解く

日本プロモーショナル・マーケティング協会 坂井田稲之

図 2015年の主要課題として取り組みが予想されるもの(5つまで)(n=103)

主要課題の第1位は、販売直結のコミュニケーション

日本アドバタイザーズ協会から「重点広告課題の方向」の調査結果が発表された。同調査は、2014年11月1日~11月28日に、広告主の重点戦略の方向や傾向を探ることを目的に実施され、同協会の会員103社(35.8%)の回答結果である。

「2015年における主要課題として自社での取り組みが予想されるもの」への回答だが、選択率が高い上位5項目は、第1位が「商品(サービス)の販売に直結したコミュニケーション活動」(61.2%)である。そして「企業(コーポレート)ブランドの価値向上(51.5%)、「適正な広告予算の確保と効率的運用」(46.6%)、「既存商品ブランドの維持 …

あと74%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

4年連続の増収維持~2015年度テレビ営業収入見通し~
第3回「全広連日本宣伝賞」にセブン&アイ・鈴木会長、宣伝会議・東会長ら
コンテンツマーケティングのプラットフォームを誰がつくるのか
ゴールが追いかけてくるランニング・イベント 5月に日本上陸
広告主の重点広告課題から「今」を読み解く(この記事です)
日本語がない!?OOHによる訪日観光客向け広告が活況
利便性の高い「Nサイズ」拡充により新聞広告の活性化なるか
マーケティングの研究成果を学術誌やWebサイトを通じて発信
固定店舗に代わる販路となるか 移動式物販の台頭と可能性
サイバーテロと国家、注目される「表現の自由」の今後
447名の新たなプロモーショナルマーケターが誕生
サイネージ×キネクトで生む価値体験、新たなOOH活用
米国新聞のネイティブアド事情とは
「それ、違法です。」違法配信撲滅キャンペーン開始
マーケティングカンファレンス2014レポート
2014年11~12月広告界主要ニュース
スポーツ産業に厚みが生まれる スポーツイベント開催
セルフ・パブリッシング デジタル古書の再発見とクリエイティブ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する