広告マーケティングの専門メディア

米国広告マーケティング事情

成功するバイラルビデオ企画制作のヒント

松本泰輔

新たな手法やテクノロジーなど、米国企業が取り入れ始めている最新のマーケティング実例を現地よりレポートする。

バドワイザー「Friends Are Waiting」
幼い頃からずっと一緒に過ごしてきた、一匹の犬と飼い主の青年。ある日、「ちょっと出掛けてくる」と、飼い主が友人たちと外出する。家で淋しそうに待ち続ける犬の姿に、「ある人にとって、待つ時間は永遠に終わらない」のテロップが重なる。一夜明けて帰ってきた飼い主は、「昨夜は飲んだから帰れなかった」と愛犬に話し掛ける。「待っている友人のためにも、飲酒運転はやめましょう」というバドワイザーからの強いメッセージだ。

フェイスブック、ツイッター、ユーチューブなどに掲載したビデオが瞬く間に世界中でシェアされ、ネットユーザーの会話は止まらず、自社サイトへのトラフィックは倍増する─そんなバイラルビデオは企業にとって夢のような話。しかし、バイラルコンテンツをまとめて紹介するサイト「Upworthy」によると、再生回数が100万回を超えるバイラルビデオは全体の0.3%しかなく、ほとんどが失敗に終わっているという厳しい現実がある。“インターネット版宝くじ”とも呼ばれるバイラルビデオ。成功のためには何が必要なのだろうか。

離脱を防ぐためには「短く、愉しく、明るく」

オンラインビデオ制作会社Pluto TVとデジタルマーケティング会社Ciplexの創設者であるイリヤ・ポージン氏は、フォーブス誌に「ビデオをバイラル化させるために留意すべき6つの点」を挙げている。まず…

あと78%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

米国広告マーケティング事情の記事一覧

米国広告マーケティング事情の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する