広告マーケティングの専門メディア

2020年東京オリンピック開催決定!

亀倉雄策が東京五輪で示した、デザインの力。

永井一正(グラフィックデザイナー/日本デザインセンター 最高顧問)

1964年の東京オリンピックは戦後日本の経済復興を決定づけ、デザインの力を国内外に知らしめた場でもあった。東京五輪に関わり、72年の札幌五輪のシンボルマークを手掛けた永井一正氏とともに、半世紀前のオリンピックとデザインを振り返る。

032_01.jpg

亀倉雄策の手による、シンボルマークをメインとした1号ポスター(1961年)。

最終プレゼンの表紙から始まった

1959年5月26日――1964年の第18回夏季オリンピック開催地を決める第55次IOC総会が、ミュンヘン体育館で執り行われた。

ウィーン、ブリュッセル、デトロイトとともに立候補していた東京のプレゼンテーション資料の表紙を制作していたのが、日本を代表するグラフィックデザイナーの亀倉雄策だ。亀倉は、当時のJOC・竹田恒徳委員長のスキー仲間であった。ちなみに竹田委員長は、先ごろ2020年夏季五輪の東京開催を勝ち取ったJOCの現会長・竹田恆和の父にあたる。

64年の開催まで、残された準備期間はわずか5年。60年にはデザイン評論家の勝見勝の指揮のもと、五輪開催のためのデザイン懇談会が結成され、シンボルマークの指名コンペが行われた。永井一正氏もこのコンペに参加している。「勝見さんは59年に『グラフィックデザイン』という雑誌を創刊したばかり。日本デザインセンターが立ち上がったのもこの頃です」。

忘れていたコンペの締め切り

コンペには永井氏のほか、亀倉雄策・河野鷹思・田中一光・杉浦康平・稲垣行一郎という面々が参加、3案ずつ提出した。

「亀倉さんは締め切りを忘れていて、直前に慌てて案を提出していたのをよく覚えています。ところがふたを開けてみたら、採用されたのは亀倉さんの案だった。日の丸を太陽に見立てたこのマークを中心に、五輪のデザインポリシーが決まっていった」。

亀倉はコンペがとても好きだった。「ここぞという時に燃え立って、必ずホームランを打つ人だった」と永井氏は評する。大先輩であったが、1972年の札幌オリンピックも1975年の沖縄国際海洋博覧会でも、常に若手と競い合っていたという。

東京中のストロボをかき集めた

032_03.jpg

2号ポスターは亀倉がフォトディレクターに村越襄、フォトグラファーに早崎治を指名し制作された(1962年)。

東京五輪のポスターで最も著名なのが、陸上競技のスタートの瞬間を鮮烈に捉えた「2号ポスター」(1962年発表)だろう。当時、歴代の五輪ポスターで写真を採用したものはなく、日本初のグラビア多色刷りB全版ポスターでもあった。

「亀倉さんはフォトグラファーとして早崎治、ディレクターとして村越襄を指名した。両名とも、ライトパブリシテイの創設期のメンバーです。東京中にあるストロボをかき集めて ...

あと48%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

2020年東京オリンピック開催決定! の記事一覧

SNS浸透時代に受け入れられる、スポーツ写真のクリエイティブ
入浴剤は嗜好品から「必需品」へ。2020年に向けたブランディング活動
昭和の広告人のアイデアに学ぶ!東京オリンピックで飛躍した企業の宣伝活動(3)
昭和の広告人のアイデアに学ぶ!東京オリンピックで飛躍した企業の宣伝活動(2)
京井良彦さん「7年後には、スポーツをメディアと捉える時代は終わっている」
昭和の広告人のアイデアに学ぶ!東京オリンピックで飛躍した企業の宣伝活動(1)
柴崎辰彦さん「コトづくりの国、ニッポンを目指せ。」
藤田康人さん「前向きの消費マインドを、企業に活かすには?」
日本人に喜びをもたらすのは「ノーベル賞より金メダル」
「特殊仕様エアウィーヴ」で、アスリートの睡眠をサポート
レイ・イナモトさん「日本は「Tokyo 2020」で何を成し遂げたいのか」
2020東京五輪に向けた3つのオールド・イノベーションで、地域・中小企業が活性化する。
2020年五輪開催に向け、日本人は「IllnessからWellnessへ」
福岡から世界へ!江口カンさんに聞く、五輪招致PRフイルム制作の裏側
1964年とは全く異なる、オリンピック公式スポンサーとその権利
アンブッシュマーケティングに要注意!オリンピックと日本企業の活路
亀倉雄策が東京五輪で示した、デザインの力。(この記事です)
キーワードは「現実加工」。五輪は都民が主役のイベントになりうるか?
佐藤可士和さんに聞いた「日本の企業がオリンピック開催の好機を活かすアイデア」
2016年の東京招致失敗から学んだ「オールジャパン態勢」とは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する