広告マーケティングの専門メディア

           

最強ブランド・マネージャー

ライオン「アクロン」若手ブランド担当者の1日

ライオン

商品開発から広告コミュニケーション戦略まで幅広く手掛ける、ブランド・マネージャー。強固にシェアを守り続けているロングセラーブランド。そして、それらに立ち向かおうとする新規ブランドや、新たなカテゴリ創出に挑むブランド...。

今号では、75ブランドの担当者に聞いた事業を成功に導く戦略を大公開(詳しくは8月号の電子ブックにて)。

特集内では、今年、発売50周年を迎えたライオンのおしゃれ着用中性洗剤ブランド「アクロン」の担当者の一日に密着。ブランド・マネジメントにおける現場の課題に迫りました。

中長期的な視点を持つ

ライオンが1963年より販売しているおしゃれ着用中性洗剤「アクロン」。アクロンの商品企画からプロモーションまでブランドマネジメントの全てを担当するのは、入社8年目の松井茜さんだ。

実際の仕事内容としては、研究員をはじめ、営業部、宣伝部などと打ち合わせを重ね、新たなアクロンシリーズの開発やプロモーションを立案する。「打ち合わせをする相手の約80%は社内の人です」と、社内の人が多いとはいえ、その人数は、全国各地の営業部員も含めると約100人におよぶ。

059_02.jpg

宣伝部と打ち合わせ中の松井さん(右)。社内にある映写室にて。

あと70%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する