日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

ランキング&調査リリースのつくり方

独自データで世論を動かすには?領収書管理の規制緩和を実現するまで

コンカー

政府・与党を動かすファクトを集めようと独自調査を実施し、メディアも巻き込んで問題を提起した例。様々なステークホルダーとコミュニケーションしながら、世論形成へと導いたその手法とは。

「記者の視点」で情報発信 領収書管理の規制緩和を実現

社会人なら誰もが経験のある経費精算手続き。財布から必要な領収書を探し出し、経理に提出するも差し戻され……と、うんざりした経験がある人も少なくないだろう。2015年12月、そんな経費精算の煩わしさを解消する出来事が起きた。スマートフォン(スマホ)やデジタルカメラで撮影した領収書の画像を正式な書類として認めるという規制緩和を盛り込んだ税制改正大綱が閣議決定されたのだ。

関係省庁や業界団体に働きかけ、この規制緩和の道筋をつくったのがスマホとクラウドを活用した経費精算サービスを提供するコンカー(東京・千代田)だ。同社は2014年12月から2015年1月にかけて、日本CFO協会会員約700人以上の協力を得て「領収書原本保管義務緩和に関する実態調査」を実施。2015年3月に調査リリースとして発表した。

クライアントの声から調査

日本では現在、領収書の原本を7年間保管する義務がある。このコストは大手企業になるほど膨大となる。ある大手証券会社では専用の倉庫に運搬し保存しており、その費用は年間約5億円に達する。

コンカーの試算によると、領収書の糊付けにかかる作業時間を人件費に換算すると日本全体で年間6000億円以上。人材不足による労働生産性向上が社会問題化する中、由々しき数字であることが分かる。「当社は米Concur Technologies,Inc.の日本法人ですが …

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ランキング&調査リリースのつくり方 の記事一覧

年4回の会議でテーマ選定 ネットからテレビに波及する調査リリースの極意
SNSの集合知を活用 旅好きフォロワーの投票ランキングから新商品開発も
独自データで世論を動かすには?領収書管理の規制緩和を実現するまで(この記事です)
地方創生の視点で応援「ご当地レトルトカレーランキング10」が生まれるまで
実はメディアは食傷気味? 奥深い「調査リリース」の実態と活用法

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する