日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

本田哲也のGlobal Topics

世界最大級のPRグループ「オムニコムPRグループ」の創設を発表 カレン・ヴァン・バーゲンCEOにインタビュー

本田哲也

今回は2月に創設が発表された「オムニコムPRグループ」のカレン・ヴァン・バーゲンCEOへ単独インタビューをお届けしよう。

オムニコムPRグループのCEOには、中核PRグループのひとつ、ポーター・ノベリ社のカレン・ヴァン・バーゲンCEOが就任した。

2016年2月、世界最大級のPRグループの創設が発表された。総合広告会社では世界2位のオムニコムグループ傘下のPR会社10社からなる「オムニコムPRグループ」だ。PR会社で世界3位のフライシュマン・ヒラード、同4位のケッチャムを中心に、グローバルで6000人以上の従業員規模となる。今回の拡大版コラムでは、オムニコムPRグループのCEOに就任したカレン・ヴァン・バーゲン女史に単独インタビューを実施。グループ創設の背景やグローバルな広報PRの潮流などを聞いた。

2014年版のグローバルPR会社ランキング
「オムニコムPRグループ」の創設によって3位のフライシュマン・ヒラード、4位のケッチャムを 中心としたPR会社10社がグループとなり、グローバルで6000人以上の従業員規模となった。

コラボレーションを体系的に

─まず、グループ設立の背景を教えてください。

一言で言えば、「変化するクライアントニーズへの対応」ということに尽きます。クライアントは世界中を横断するシームレスで優秀なチームを求めていますし、同時に新しいテクノロジーのPRへの活用などの斬新さも求められています。つまりPR業界自体が大きな変革の真っただ中にあるわけですが、オムニコムとしてはその変化を見守るのではなく、PRの新しい形を前のめりになってつくっていこうと、そういう思いがありますね。

─より具体的には、どのあたりがポイントになっていくのでしょうか。リソースの共有化やビジネスの協業などいくつかあると思うのですが……。

「人」にフォーカスします。PRの仕事はとにかく人材ありき。どれだけ優秀で才能あるPRパーソンを確保できるか、また彼らが所属する会社の枠を越えてコラボレーションすることでシナジーも生まれます。

これまでもオムニコムグループ傘下で通常は競合しているPR会社が ...

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

本田哲也のGlobal Topics の記事一覧

世界最大級のPRグループ「オムニコムPRグループ」の創設を発表 カレン・ヴァン・バーゲンCEOにインタビュー(この記事です)
中国人ランナーは走るべき?走らざるべき?ナイキ「Saving Runners From Death」キャンペーン
グローバルPR会社のアジア統括責任者に聞いた 「2016年、アジアのPRはどうなる?」
世界一クリエイティブなPR会社はどこ?―「2015 Global Creative Index」
「パクるなら、せめて上手に真似てくれ!」格安航空会社・スクートの斬新な反撃PR

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する