日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

プレゼン力診断

三越伊勢丹・大西洋社長のプレゼン力を分析 「柔和なリーダーシップ」の秘密とは?

永井千佳(エグゼクティブ・スピーチ・コンサルタント)

img06

「究極のお土産」をセレクト 復興庁が東北の食品を発掘
復興庁は9月14日、東北を代表する食品を発掘するコンテスト「世界にも通用する究極のお土産」に関するシンポジウムを都市センターホテル(東京・千代田)にて開催した。当日は品評会もあり、100以上の商品から「究極のお土産」を選出。このほか、「お土産の価値追求について」というテーマで三越伊勢丹ホールディングスの大西洋社長が基調講演を行った。

「カリスマ性は控え目」の理由

カリスマ性をあまり感じさせない、物腰柔らかで控えめな話しぶり。中でも印象的だったのが、パネルディスカッションで島津麹店の納品を即決した決断力、そして小泉進次郎復興大臣政務官(当時)からの「岩手県久慈産短角牛の赤身は美味しいし量も食べられる。三越さんではいくらで売ってますか?」という質問に対して、会場にいる詳しい社員にさりげなく「こういうときはサッと立ち上がって答えましょうね」と振りながら、会場の雰囲気を盛り上げる様子。「優れたリーダーは、普段は存在感を消しながら全体の空気を優しく見守る」ことを実感させられた。三越と伊勢丹という老舗百貨店合併で大きな変革を求められるこの時期こそ、社員の潜在力を引き出す大西社長ならではの柔らかなリーダーシップが必要なのかもしれない。

プレゼン開始直後は聴衆が最も集中する時間帯だ。しかしここで話す立ち位置を探し …

あと41%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

プレゼン力診断 の記事一覧

三越伊勢丹・大西洋社長のプレゼン力を分析 「柔和なリーダーシップ」の秘密とは?(この記事です)
H.I.S.澤田秀雄会長は最強のサービスマン、経営者のプレゼンを分析
ホンダの八郷新社長、逆風はねのける「不動心」見せたプレゼン
「夢と情熱」伝わる――エアウィーヴ・高岡本州会長のトッププレゼンを分析
吉野家・河村泰貴社長のプレゼン分析「顧客目線が伝わる爽やかさ」
ヤクルト「ジョア」記者発表でトップが突然の欠席!こんなとき広報はどうする?