日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

ウェブリスク24時

不満をツイッターの有料広告で表示。新たなクレーム手法に広報は?

鶴野充茂(ビーンスター 代表取締役)

103_01.jpg

企業の対応に不満を持った利用客が、ツイッターの広告機能を利用してクレームを拡散させた。

新たなクレーム手法!?

「ブリティッシュ・エアウェイズでは飛ぶな。ここのカスタマーサービスは最悪だ」。

9月初旬、こんなツイートを多くの人が目にした。報道によると、このツイートは会社員のハサン・サイード氏がツイッターの有料広告機能を利用して投稿したもの。サイード氏の父親がブリティッシュ・エアウェイズ(英国航空)を利用した際、預け荷物が紛失。カスタマーサービスに問い合わせたものの返事をもらえなかったことから、不満を募らせたサイード氏は、多くのユーザー画面に自動的に表示されるツイッターの有料広告機能を利用し、冒頭の「ツイート広告」を配信した。英国の大手メディアなどがこれを報じ、結果として英国航空はサイード氏に謝罪、荷物が届くよう手配することを約束した。サイード氏が有料広告ツイートにかけた費用は1000ドル(約10万円)だったという。

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ウェブリスク24時の記事一覧

ウェブリスク24時の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する