日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

ウェブリスク24時

悪ふざけ写真のネット投稿、予防対策が急務に

鶴野充茂(ビーンスター 代表取締役)

103_01.jpg

従業員が店内のアイスケースに入るなどの不適切写真をネット投稿し、炎上する事件が短期間に連続して起きている。

コンビニや飲食チェーンで、アルバイト従業員などが悪ふざけをした写真を店内で撮影、ツイッターなどに投稿し、炎上する騒ぎが相次いでいる。こうした問題に広報部門としてどう備えるか。これが今回のテーマである。

スピード対応が重要だが......

問題発生の際には、スピード対応がすべての鍵を握る。

高知県のローソン店員がアイスのケースに入って寝そべった写真を投稿したケースでは、店舗休業とフランチャイズ契約解除、店員解雇をお詫びとともに正式通知したのが約1カ月後だった。ミニストップの従業員がレジカウンターの上で股を開いてバーコードをあてる写真が出回ったケースは謝罪まで2日。バーガーキング店員が商品の上に寝そべる写真の場合は騒ぎの翌日だった。企業の対応も加速中だ。

一方で最近増えているのは、会社の謝罪文に見られる「処分と対応」が曖昧という声、つまり会社側の姿勢だ。スピード対応の中身がより注視されるようになってきているのだ。

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ウェブリスク24時 の記事一覧

悪ふざけ写真のネット投稿、予防対策が急務に(この記事です)
職員による匿名のネット中傷。本人が特定され非難されたら、広報はどう対応する?