日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

ウェブリスク24時

職員による匿名のネット中傷。本人が特定され非難されたら、広報はどう対応する?

鶴野充茂(ビーンスター 代表取締役)

103_01.jpg

復興庁の幹部がツイッターで暴言を吐いていた。アカウントは匿名だったが以前のツイート内容から本人が特定され、非難を集めた。

個人の問題だが

ソーシャルメディアの問題ではあるが、広報対応としては基本形かもしれない。

世間をお騒がせし、組織に対する信頼を落としたことを組織としてお詫びする。原因究明と再発防止を約束し、本人の処分を検討していることを伝える。おそらくこれが基本となる内容だろう。冒頭のケースでは、副大臣が福島県庁などを訪れて謝罪した。

この時、考え方の土台にあるのは、あくまでも「個人が起こした問題」「責任は個人にある」ということだ。

確かにこれまではそう処理されてきた。しかし、今、本当にそれで済ませていいのだろうか。

あと76%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。