販売促進の専門メディア

Idea&Techniques

一升瓶を描いた日本酒味も!訪日客向け「キットカット」ショップ

一升瓶をイメージしたパッケージは美しく、インパクトも大きい。「和風」好きな訪日客のお土産としても、人気を得ている。

日本でしか買えない「キットカット」を集めた、訪日客向け専門ショップが2月3日から5月8日までオープンしている。

1935年にイギリスで生まれた「キットカット」。いまや世界的にファンがいるお菓子と言っても過言ではない。そんな「キットカット」の「ご当地シリーズ」を好む人も多く、日本で生まれた「抹茶」フレーバーは訪日客の定番お土産アイテムとなっている。

そんなインバウンド需要の高まりに応え、同店舗は誕生した。成田空港から高速バスで15分という立地の酒々井プレミアム・アウトレット内に設けられており、帰国前の訪日客が利用しやすい。

「中国人観光客が増加する“春節”前のタイミングを狙いました。店舗オープン前の2月1日には、抹茶に次ぐ大人気土産になるよう、日本酒味の“キットカット 日本酒”を発売。お土産にぴったりな日本酒の一升瓶をあしらったパッケージにしました」(ネスレ日本 コンフェクショナリー事業部 マーケティング部長 槇亮次氏)。

発売から間もない「キットカット 日本酒」だが、すでに「上品な大人の味」「香りがいい」といった声が届いており、好評を博している。また、狙い通り店舗を訪れた訪日客のほとんどが日本酒のパッケージに驚き、手に取る様子が見られた。

こうした目玉商品の用意に加え、店舗にはキットカットのパッケージに自分たちの写真を印刷できる「チョコラボ」マシンも用意。日本語に加えて、英語、韓国語、中国にも対応することで、多くの訪日客が楽しんでいる。

「訪日客の方はもちろん、日本人の方にも想定以上に来店していただいており、売上目標は順調にクリアしています。日本観光ツアーの行き先に酒々井プレミアム・アウトレットを入れてもらうための活動も、アウトレット主導で行っており、これからの伸びも十分に期待できます」。

実施場所 酒々井プレミアム・アウトレット
実施期間 2016年2月3日~5月8日
目的 インバウンド需要の獲得を加速させるため
ターゲット 訪日客、特に成田空港から帰国前に立ち寄る人を想定
告知メディア FacebookなどのSNS

Idea&Technicsの記事一覧

Idea&Technicsの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する