販売促進の専門メディア

訪日客をリピーターに

中国最大のモバイル決済「Alipay」と連携 ビックカメラ、パルコなど5社が導入へ

リクルートライフスタイル

訪日外国人観光客が普段使い慣れた決済手段を導入することで、買い物の利便性を高めようという動きが進んでいる。

「Alipay」と連携した「Airレジ」導入に手を挙げた家電量販大手ビックカメラ。訪日観光客が買い物をする姿は、すでに見慣れたものとなった。(写真提供:Shutterstock.com)

観光庁は21日、2015年7~9月期の訪日外国人の旅行消費額が1兆9億円となったと発表した。1四半期あたりでの1兆円超えは初めて。前年同期比では81.8%増で、7四半期連続で最高額を記録した。訪日客数は前年同期比53.7%増の535万人だった。中国の訪日客が急伸要因で、同国の訪日客数は同比2倍の166万人、旅行消費額は同比2.5倍超の4660億円だった。2013年の1年間の中国からの訪日旅行者数は約130万人で、3カ月でそれを大幅に上回った計算になる。

観光・レジャー目的の訪日客1人あたりの旅行支出額は、前年同期比24.3%増の18万1334円だった。中でも「買い物代」は、中国の14万1554円(前年同期比14.0%増)を筆頭に、香港が8万7328円(同比89.6%増)、台湾が5万3213円(同比54.8%増)、タイが5万194円(9.2%減)、オーストラリアが3万4582円(同比13.1%増)の順となった。

4億人が利用するモバイル決済

増加が続く中国からの訪日客。リクルートライフスタイルは9月末 ...

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

訪日客をリピーターに の記事一覧

雑誌のコミュニティ形成力を拡張 富裕層外人向けメディアを創刊
ラジオとネットの融合 海外向けメディアとして進化の兆し
500人の外国人ライターが日本の魅力を発掘
中国最大のモバイル決済「Alipay」と連携 ビックカメラ、パルコなど5社が導入へ(この記事です)
大丸松坂屋、中国大手SNSの決済手段を導入、その背景は
顧客の国際化に向けたインバウンド担当者の挑戦―サダマツ、髙島屋、ファンケル、森ビル
「グルメ」をテーマに再来訪喚起 ツアー体験から情報の拡散へ
「時短」と「自分だけの買い物」演出 松屋銀座の商品取り置きサービス
「カエルパルコ」海外対応・始動 店頭を起点に利用者増目指す
売れ筋商品、拝見 光る!おもてなし
台湾最大手の共通ポイントと提携 大丸松坂屋、ビックカメラなどが参画
売れた!訪日客に人気の商品 買い物を促す工夫

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する