販売促進の専門メディア

企画書に使える!今月のDATA

スマホ時代の情報検索はハッシュタグが起点!?若年層女性の約半数が「気になる情報」を検索

新しく発信される消費者の調査データの中から、編集部が注目した調査結果をお届けします。

Twitter、Facebook、YouTubeなど、さまざまなSNSで使用できるハッシュタグを活用するユーザーが増えている。今回InstagramやTwitterなどの利用頻度が高い女性SNSユーザー約4500人を対象に、ハッシュタグがどのくらいどのように使われているか、ハッシュタグがどんな目的で使われているかを調べた。

    調査方法:Facebookアプリ「モニプラ」上でアンケート調査を実施 
    調査時期:2015年1月14日~1月25日 
    有効回答数:4563人 
    ※アライドアーキテクツ調べ

DATA1
若年層ではすでにハッシュタグの利用が進んでいる

調査対象全体ではハッシュタグを「使ったことがある」(36%)と「知っているが使ったことはない」(18%)を合わせて、半数をやや超えたぐらい。ハッシュタグの認識は高いとは言えないが、20代以下に限ってみるとほぼ半数(47%)が利用経験あり。「知っているが使ったことはない」(20%)まで合わせると、ハッシュタグの認識は約7割となり …

あと56%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企画書に使える!今月のDATA の記事一覧

スマホ時代の情報検索はハッシュタグが起点!?若年層女性の約半数が「気になる情報」を検索 (この記事です)
ユーザーにスキップされない動画広告の決め手は?
現状に満足しているシニアが多い!?セカンドライフに求めるのは「いまのまま」
ネット動画の視聴きっかけ、シェア経験で差が生じる
訪日外国人旅行者アンケート 言語圏で異なる買い物意識
ショールーミング経験者は全体の16% 行動拡大の鍵は「楽しさ・喜び」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する