販売促進の専門メディア

マル秘公開 これがプロの企画書だ!

ウソを真実に! 面白法人カヤックの面白プレゼン資料

面白法人カヤック 首藤 まり江

    自主オリエン内容

  • マネックス証券の認知度を上げ、他社と比較されたときのポジティブ材料としたい。
  • 新しいこと、面白いことに取り組む会社であることを広くアピールしたい。

面白法人カヤック ディレクター 首藤 まり江氏
1989年生まれ。新卒でカヤック入社。スマートフォンアプリ、ウェブ×デバイス、ウェブ×イベントなど幅広いジャンルのプロジェクトに参加。企画や制作進行を担当。主な仕事にソーシャルメディア横断型RPG「MEG THE WORLD」、海の家フラフープ映像サイト「Norton KIZUNA Hoop」など。

プレゼントーク(1)

まずは、企画の目的についてご説明します。「マネックス証券の認知度向上」を与件としていただいておりました。そこで本企画では、来たる4月1日、エイプリルフールの情報波及力をフル活用し、面白いデバイスを使って、認知度のみならず、好感度をも上げるという企画をご提案いたします。

    ポイント

  • 企画書の最初で、インパクト大きくかつ明快に企画のゴールを説明。最初に確認することでブレのない提案になる。

プレゼントーク(2)

具体的には...マネックス証券が今までに誰も見たことのない、次世代のトレーディングツールを開発!という企画です。他社に先駆けて実行することで、目を引くドッキリニュースを世の中に出し、「マネックス証券は新しい取り組みに積極的」という気運を醸成します。

    ポイント

  • 次のページが言わばネタ明かしなので、ワンクッション入れて引っ張る。

プレゼントーク(3)

その名も!カブが株取引してくれる自動ツール「ベジタルトレーダー"カブ子さん"」です!...野菜のカブと、株の、ダジャレです。この、キャッチーさとバカバカしさで、エイプリルフールの話題をさらいます。

    ポイント

  • ネタ明かし。笑っていただかないと非常に重い空気になるので、勢いが重要。

プレゼントーク(4)

次に、カブ子さんの概要についてご説明いたします。まず、野菜のカブに電極を指して数値を計測します。この数値を基に、特定銘柄の売買タイミングを決め、自動で株取引をする仕組みを想定しています。ここでいう数値とは「生体電位」のことです。動物だけでなく植物も発している、生命維持活動に伴う微弱な電流を使います。制作物としては、記載の3点です。ランディングページが重要で、ここを作り込むことで、カブ子に関するバズを生み出します。実際にデバイスとアプリケーションのセットを納品いたしますので、講演会、各種イベントでの展示、エントランスでの展示など、さまざまな場面でご活用いただけます。

    ポイント

  • 前ページで広げた大風呂敷を、ここで具体化し、納品物などを明記。
  • 活用方法のプランも提示することで、今後につながる展開も検討してもらう。

プロの企画書ダウンロードサービスのご案内

※デジタル版のみ購読中の方は購読月の企画書のみ、ダウンロードが可能です
※該当企画書のダウンロード権限は、定期購読のご購入から翌営業日以内に発行いたします

マル秘公開 これがプロの企画書だ!の記事一覧

マル秘公開 これがプロの企画書だ!の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する