販売促進の専門メディア

話題のお店拝見!SHOW YOUR SHOP!

魚の誕生日がわかる?近畿大学の「養殖魚専門料理店」

近大卒の魚と紀州の恵み 近畿大学水産研究所 銀座店

世界の水産養殖産業を牽引してきた近畿大学は「養殖魚の価値向上」を目的に、"養殖魚専門料理店"の運営事業を展開している。2013年4月、グランフロント大阪への1号店出店に続き、同年12月4日には東京・銀座に2号店を出店。食の安心・安全やクロマグロの漁獲規制など、社会的な関心と店舗コンセプトが合致し、両店とも行列の絶えない人気店となっている。

2号店を銀座に出店したのは、情報感度と発信力の高い顧客層にアプローチし、養殖魚の評判形成につなげるため。席数は最大57席。半個室と個室を設け、会食やビジネスパーソンの接待利用なども見込む。

1948年開設の近畿大学水産研究所は、現在までに18魚種で世界初の種苗生産*に成功し、研究分野だけでなくBtoBの収益事業としても成果を上げてきた。
*栽培漁業において稚魚を育てること。

13年から開始した飲食店事業の狙いについて、同校 ベンチャービジネス推進事業本部の石原克人氏は「養殖魚は天然魚に比べて低く見られがちだが、実は安定的な管理下で育てているため安全性が高く、味もおいしい。この事実を多くの人に知ってもらうため、"養殖魚専門料理店"というコンセプトを打ち出し、実際に食べてもらうことで養殖魚の価値向上を目指しました。また、消費者の声を直接聞く場を持つことで、生産技術の改善につなげる狙いもあります」と話す。

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

話題のお店拝見!SHOW YOUR SHOP! の記事一覧

魚の誕生日がわかる?近畿大学の「養殖魚専門料理店」(この記事です)
ナムコの新事業「カフェ&バー CHARACRO」-人気アニメの世界を完全再現
秋葉原に職人グルメのセレクトショップ登場、目指すは「食のテーマパーク」
店内に雨が降る!? ビックロ8階に出店した石井山専、目指すは「フィールド体感型店舗」
不動産店で料理教室?“女性専用”の新業態店に見るエイブルの戦略
「おくちコンシェルジュ」常駐、ライオンのオーラルケア専門店

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する