IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

世界で働く日本のクリエイター

あるがままを描写する自然な撮影

松井みさき

脚本・監督を手がけた短編映画『KASUMI』がモナコ国際映画祭で入選。NYを拠点に活動する写真映像作家の松井みさきさん。自然な描写で人物や風景などを撮影し写真の個展を開くほか、映像制作、イベントのプレゼン、大学講演などマルチに活躍している。

01 ショート・フィルム「white sea」(琴演奏家/作曲家 Jun Andoとのコラボレーション)


02 短編映画「KASUMI」(同上)

“希望”をフィルムに焼き付ける

渡米前は日系・外資系広告会社でアカウントプランナーとしてマーケティングに携わっていた松井さん。趣味で写真を撮っていたものの、美大出身でもなく、アシスタントの経験もなく、年齢的なことを考えても、写真家に転身するには日本では厳しい。そこで、国籍も年齢もバックグラウンドも、誰も気にしないNYなら、アイデンティティと行動力次第で可能性を切り拓けるかもしれないと一念発起し、渡米した。

「欧米では、作品のステイトメントが個性的で、コンセプチュアルであることが求められます。言葉で明確に作品を説明できないといけません」。アーティストは自らプレゼンやPRをすることが必須で、日本で培ったマーケティングや戦略的思考、企画書のスキルが役立っている。「意識や調整をしなくても自然とそうなるのですが、ニューヨークのポートフォリオ・レビューで、人物写真を撮っても風景写真を撮っても色のトーンに統一感があると評されました …

あと44%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

世界で働く日本のクリエイター の記事一覧

あるがままを描写する自然な撮影(この記事です)
英国老舗フォントメーカーで活躍するタイポグラファー
ベトナム広告業界の底上げに貢献
音楽から浮かび上がる映像をつくりたい
まったく新しいインテリアの開発
NYで活躍するインディペンデント映画作家

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る