IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

私のクリエイティブディレクション論

長野五輪シンボルマークの作者が語る「20年後も使える 息の長いデザインを」

篠塚正典

五輪のデザインはデザイナーにとって究極の憧れの仕事のひとつだろう。イデアクレントのクリエイティブディレクターの篠塚正典さんは、33歳のとき、長野オリンピックのシンボルマークを手がけた。デザインするときに常に念頭に置いているのは、「20年後も使えるかどうか」。広告のクリエイターとは、時間の流れの感覚がちょっと違う。

篠塚正典(しのづか・まさのり)
1960年東京生まれ。多摩美術大学を卒業後、アメリカのアートセンター・カレッジ・オブ・デザインにてグラフィック/パッケージデザインを学ぶ。アートセンター卒業後、ランドーアソシエイツにてデザイナーとして活躍。92年帰国し、翌年に長野オリンピックのシンボルマークをデザイン。95年、ブランディングデザインとパッケージデザインを専門とするデザイン会社イデアクレントを設立。近年の主なクライアントに、明治、東芝、スターバックスコーヒーなど。大学や専門学校での講師も務める。

20年後も使える息の長いデザインを

――長野オリンピックのシンボルマークのデザインをしたときのお話を聞かせてもらえますか。

少しさかのぼってしまいますが、僕は多摩美術大学でグラフィックデザインを専攻し、そのときに出会った教授の勧めで …

あと83%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

私のクリエイティブディレクション論 の記事一覧

長野五輪シンボルマークの作者が語る「20年後も使える 息の長いデザインを」(この記事です)
クライアントの「心」を、「技」で最大化する
新しい「広告の届かせ方」を探し続ける
世の中の常識に縛られずクリエイティブの魅力で勝負する

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る